グロー本体がやっと買えたので全部バラす

glo
kit.jpg

ようやくBATの新しい過熱式タバコ「glo グロー」を購入することができたので、早速レビューしようかと思います。今月の12月12日に仙台市内で販売され、瞬く間に速効売り切れが続出。グローストアで深夜から並んでも購入は難しいらしい。

そんなgloでありますから、私は「正直コレ無理なんじゃない?」と思い始めており、「もういい・・レビューは諦めよう・・そんなん既にカカ○コムがやってるし、俺がグローの感想書いても説得力ねーし、誰も望んじゃいない!俺はダメだ!負け犬だ!いや負けガリだー!うわーん!PMさ~ん!」そう挫折しかけておりました。





ある日、そんな半ば死に体な私に一報が・・







「○○さんですか?」







「は・・はい」







「お待たせしました・・」







「グロー手に入りましたよ」






グロー手に入りましたよ!

「もしもーし・・」



「・・・・」




shocks.jpg





スポンサーリンク












12月23日 グローキットが仙台から届いた・・

gtb.jpg
業者さん談:
痛ッ・・やっぱバンドエイドだけじゃ止まんねぇな・・、あ?○○さん!?やりましたよ~、いや~、大変でしたよ・・もう仙台市はメチャクチャですわ。コンビニなんて、もう入ったら速効睨まれますしね。あちこちで強面の輩がほっつき歩いてるし、以前バックパッカー旅行で行ったインド思い出しましたよ。え?よく手に入ったって?そりゃまあ、受けた以上は意地でも完遂させませんとね。逆に燃えましたよ、また何かあったら言ってください!ではでは~(^q^)/




「お・・おう・・」

いや、本当にお疲れ様でした。ありがとうございます!○利屋さん!いやー、ようやく手に入れましたよ。ちなみ私がお願いした○利屋さんは現在、グロー購入は受付ておりません。もうgloパニックらしくて通常業務に支障をきたすそうです。しかし・・俺のせいじゃないよね?以前、「○利屋さんにお願いしてみる!」なんて記事を書きまくってましたから。まあこんな弱小ブログなので影響力は気にしないでおこう(笑)。

さて!これからが本題!
早速レビューしますよ。それではglo(グロー)スターターキットを見てみましょう。なんだか物々しい雰囲気をかもし出しているね。オレンジ色が眩しいですよ。

glo_kit.jpg
gt01.jpg
全長約20cm×幅9cmくらいでクリスマスプレゼント感ハンパない。本体とACアダプターが別になっており、それをプラケースで覆ってます。ナゼACアダプターだけ別なの?って思いましたが、たぶん海外向けにコンセント形状が違うものをくっつけるためでしょう。なので、ACアダプターのくせしてプレゼント感ハンパないです(笑)。

gt13.jpg
gt14.jpg

モノは5V1.8Aでアイコスより若干出力弱いです。PCだとクソ時間かかりますよね。満タンで3200mahなので4時間以上はかかると思われる。コンセントなら2時間半くらいかな。本体内蔵のリチウムイオン充電池はVAPEでお馴染みの18650でセルはPanasonic製です。IMRかINRかは不明。VTC6くらいのレベルか。高級機種だなぁ。

しかし!
gt09.jpg

約50cm・・
アイコスの充電USBケーブルの約半分です!これはセッティングがメンドウである。ケーブルマニアなら充電ポート地帯をキチンと揃えたいじゃないですか。少なくとも几帳面な私は「取り回しずらい」というのが第一印象。普通にコンセントにブッ刺しゃいいんだろ!的な方には逆に重宝するかもしれません。PCバスパワーの電力ロスを少なくするせいもあるだろうから、まぁ使えりゃ良しとするか。

gt12.jpg

これが裏面なんですけど、レシートを入れる薄いプラケースが貼り付けてあります。コレね。どっから開けられるんだよ!つーくらい開け口が分からない。しかも開くのが超難しい。たぶん店員さんも入れづらいんじゃなかろうか。普通に渡したほうが早いし。

てか、「店員の方へ」って毎度、どんだけ上からやねん。数ある商品のうち、店員に口出しするメーカーなんてグローくらいなもんだぞ。とりあえず、製品登録は保証書の番号だけで可能でした。そのまま限定スリープ注文も出来ましたよ。たぶんアイコスみたいに保証が発生する段階で求めらるんじゃなかろうか。最終的にいらんかった・・みたいな。

でも、こんだけ書いてあるんなら保証の際にレシート画像のアップロードは必須かもね。これから購入する方は注意してください。店員さんも何かと忙しいし、普通、裏面なんて見ないですからね。ゴミの対象でしかなかったレシートの輝きたるや!笑



待たせたな・・(MGS風に)

gt02.jpg

いざ、開封の儀。
これメッサテンション上がりません?男子だったら悶絶間違いないでしょう。あー鼻血出そう。また箱の作りが良い!凝ってる。均等に厚紙が組まれてて裏面も銀箔が張ってあります。すごく頑丈な作りです。購入者同士の熱い取り合いにも耐えられる設計とみた。

しかも全面保護フィルムで覆われおり、剥がすときにも再度トキメキを感じます。よく最後までフィルム剥がさない気持ち悪い人いるじゃないですか?リモコンとかビニール辞書カバーとか。汚ったねーのに付けたままでいるヤツ。アレ、大嫌いなんですよ私。だから早いとこ外して綺麗な実物を愛でてあげましょう。

gt15.jpg

gt04.jpg

そして、銀色に光るglo(グロー)本体と初お目見え!

てか、フィルム貼ってあるし・・さっきオマエ・・。いや、この構図の写真撮ったときに外してなかったんですよ。許してください(笑)。コントロールランプを1回推すとフワフワと光ってます。バッテリー残量は半分ある模様。無ければ充電地死んでると思います。リチウムイオンは容量下がりすぎると再充電できないのでね(にわかVaper)。

まあ、2.5v以下にならないようにランプで教えてくれますから気にしなくていいと思います。それでですね、あの問題のグローストアでは限定色ゴールドとピンクがあるらしいのですが、やっぱシルバーが一番だね!。全然負け惜しみとかじゃく、ゴールドやピンクはねぇわ。クドイけどブルーなら欲しかった。コイツ↓のように。

iqos_blue.jpg

え?いきなりロゴが邪魔くさい?そうなんですよ。とりあえず入れてみました。誰もパクる気ないのに。最近何かとパクりパクった騒動がわんやしてるので、試しに入れてます。でもね、結構ウチのとこから合成画像持ってかれるんですよ。モノはフリーでチョコっと合成してるだけなんで「画像持っていきやがってクソが!」じゃなくて「恥ずかしい」ほうが強い。なのでダサイ画像をこれ以上流出しないでください(笑)。



これが内容物だ!控えよ!(水戸黄門風に)

gt03.jpg

あー、もう長いな。引っ張りすぎですね。グロー1個で10記事は書けますからね。早いとこkENTネオスティックの味比べしたいっつーの!トイレ行きたいし。そういえばスマホで読んでいただいてる方いますよね?ウザイですよね?ストーカー広告。

誠に申し訳ないです。無料で間借りしている分、運営には逆らえないのでございます。もちろん意図的ではありません。いいかげん引越しますから。最下部の「PC版を見る」で少しはマトモに閲覧できると思います。

もとい!
内容物は冊子3枚に本体とクリーナー、USBケーブルです。重要なのは保証書と本体ですね。クリーナーも重要ですけど似たようなモノ、100均で売ってた気がする。ちなみに「お客様専用コード」をグローマイページから入力すれば製品登録&保証が1年間受けられます。何気にレシートの購入日と一致させないとヤバいからでウソをつけない仕様。つまり、保証期間を伸ばすために「壊れた時点で登録」する輩への対策だと思われる。

製品登録した後は速効で限定スリーブを申し込みましょう。12月24日現在では残りあと4つ。ホワイト、オレンジ、ガンメタ、ツリーです!ツリーはたぶんネタですね。

私は咄嗟にガンメタを選んでしまいましたが、今思えばオレンジ選んでおけばよかったと後悔。一番欲しいのはサイバーかな、かなり厨っぽくて良い。カモフラはヤンキー。レトロおしい。ボヘミアンは女子ウケ。総じて柄物のデザインがダサい。無地でいいわ。

sreave.jpg



本体大解剖スペシャル!

gt05.jpg

手相とか確認しないように。ちなみにツメが伸びてたので修正しました。手は普通サイズくらいだと思います。しかしガリなので指細いです。握り心地が非常によろしい作り。これはアイコスチャージャーよりフィットする。

材質は皮だけアルミですね。そして思ってたより軽い。軽すぎない絶妙な軽さを目指して何回もテストしたんでしょうね。コントロールボタンの位置もちょうど親指の箇所なので押しやすい。しかし、底が水平じゃないのか軽いためか多少ガタつきます。

gt17.jpg
gt10.jpg

アイコスホルダーと比べると大きいですが非常に持ちやすい。これはアイコスが「指で持つ」というのに反し、「手で持つ」というコンセプトだからだろう。使っていて落とさない安心感があります。アイコスの場合はチャージャーもあるので、チャージャー、ホルダー、ヒートスティックと3つも世話しなきゃいけない。その点、グローはシンプル。

本体上部のスライド式カバー
gt06.jpg

模様があるスペースは鏡面仕上げ。グレーなのでデザインやテカりは気にならない。KENTネオスティックを挿入するアルミ製カバーは途中までスプリングです。しかしスプリングの範囲が狭いのでシッカリとカバーするには心もとない印象。使用するうちにガバガバになりそうな予感です。

本体底面のブラシ挿入口とUSB端子
gt07.jpg

こちらはグロー本体の底の部分です。プラスチックですね。個人的にはステンレスが良かったな。このブラシ挿入口は引くとスプリングで上がる仕様。タバコ挿入カバーを開けておくと貫通させることができます。そこにクリーニングブラシを入れゴシゴシする。

gt18.jpg
gt08.jpg

クリーニングブラシは煙突掃除道具のようでゴワッ!としてますが挿入する分にはキモチいいほどスムーズにクリーニング可能。アイコスと比べ段違いに掃除はしやすいとみた。

しかしエタノールなどの液体洗浄は推奨されてないので注意が必要。この構造だとタバコ葉が落ちるだけなのでクリーニングもそんなに気にしなくてもいいかも。メンドイ方はフタを貫通させてカスを吹き飛ばせば、イけないことはない。

しかしアイコスみたいにヤニが中間部分にくっつくのは嫌ですね。ホント加熱部分の構造を見てみたい。いまのところ金属プレートがあることは確認できます。素材なんだろ?



次回はKENTネオスティックの実力に迫る!

kn02.jpg

いまや本体よりも貴重と思われるKENTネオスティック!通販やオークションではタバコ自体販売することは禁止されていますからね。尚、喫煙は20歳になってから!未成年の喫煙は法律で禁止されています!

ということで、そのKENTネオスティックとはいかなる構造なのか?美味いのか?臭いのか?使い勝手は?などを詳しく解説していこうと思ってます。

今のテイスティング状況を一言で表すなら「アイコスよりもタバコ」ということだけ伝えておきます。それがメリットなのかデメリットなのかは分かりません。しかし中々侮れないポテンシャルを秘めていることは確かです。乞うご期待!期待してねーよ!


【続編記事】



スポンサーリンク











Profile

ご訪問ありがとうございます!
映像制作(記録系)20年目の厄年ガリゲーです。仕事関係や社会・趣味の考察分析など支離滅裂な記事を書いております。1月突入。あけましておめでとうございます!今年は攻めの姿勢、且つ、いつでも回避可能な体勢で行きたいたいと思います。


◆ 詳細プロフィールはコチラ